副作用に注意しよう | 低用量ピルを通販で買い、確実な避妊をしよう

副作用に注意しよう

お風呂上がり

低用量ピルは多量の女性ホルモンで構成された医薬品です。
そのため、服用することによって体内に多量の女性ホルモンを取り込み、脳に妊娠を錯覚させ、避妊を行うことが出来るのですが、これは言い方を変えると、本来であれば妊娠した際にゆっくりと増加するはずの女性ホルモンを、薬によって一気に増やすという事です。
なので、低用量ピルを服用すると、体の内部では一緒のホルモンバランスの異常が発生した状態となってしまい、人によっては副作用が現れてしまう場合があるのです。

低用量ピルを服用した際に現れる副作用には様々なものがありますが、その中でも特に多くの人が経験するものに、胸のハリ、めまい、発熱と言った症状があります。
これらの症状というのは、女性ホルモンが異常に増加した際に起こる症状で、低用量ピルを服用し始めたばかりの人であれば、殆どの人が経験するものなのです。

このような症状が起こった場合、多くの人がもしかしたら薬があってないんじゃないか……という風に不安に思ってしまうかもしれません。
ですが、これらの症状というのはあくまで一時的なホルモンバランスの異常によって発症するもので、低用量ピルを継続して服用し続けていくことによって、徐々に体内のホルモンバランスが低用量ピルを服用した状態を平常時のものとして認識し始めるようになるので、副作用も徐々に治まっていくのです。
なので、もし低用量ピルを服用して体調に若干の変化が現れたとしても、過度に不安に思わずに、ゆっくりと休んで症状が落ち着くのを待つようにしましょう。