種類を知ろう | 低用量ピルを通販で買い、確実な避妊をしよう

種類を知ろう

悩みがある

低用量ピルと呼ばれる医薬品ですが、この薬の主成分というのは、女性が妊娠した際に多量に分泌される女性ホルモンが主成分となっています。
そのため、この低用量ピルを服用すると脳が妊娠を錯覚し、避妊することが出来るのです。
そして、この低用量ピルを服用する際には、1日1回1錠ずつ服用していく必要があるのですが、この際、薬の種類によっては服用する順番が存在しているようなものがあります。

服用する順番が存在している低用量ピルというのは、低用量ピルの中でも二相性ピルや三相性ピルと呼ばれる種類のものです。
この種類の低用量ピルというのは、服用する順番が薬の取り付けられているシートに番号で記載されており、その順番に服用する必要があるのです。
その理由に、この二相性、三相性のピルというのは、1シートの中でも二段階、もしくは三段階で摂取する女性ホルモンの量を変化させることによって、身体が急激なホルモンバランスの異常を起こさないようにしてあるのです。
なので、この二相性や三相性のものを服用する際には、シートに記載されている番号通りに服用しなければ、副作用が現れてしまったり、場合によっては副作用が現れないけれども、避妊効果が低下してしまったりするのです。

そして、二相性や三相性がある、と聞いた時に一相性はあるのか?と思った人もいるかもしれませんが、一相性のものも存在しています。
この一相性のものは、1シートのどの薬を飲んでも常に一定量の女性ホルモンが摂取できるようになっているので、副作用が現れる可能性が若干高くなってしまう代わりに、常に安定した避妊効果が期待できるのです。
なので、もし低用量ピルを購入するのであれば、この一相性や二相性、三相性という表記にも注意するようにしましょう。